2012年09月13日

Antonia Adnet"pra dizer sim"

久しぶりのCD紹介。

antoniapradizersim.jpg
Joao e Mariaでお世話になったアントニア・アジネーの新作「プラ・ジゼー・スィン」。
前作よりもさらに磨きがかかって、曲も演奏も素敵な仕上がりになっています。
アントニアの声はすごく透明感があって、心がすぅ〜っと晴れていく感じがします。

一曲目も好きですが、Joyceもゲストで参加している「フレーヴォ・ジ・タマンダレー」が
ご機嫌で最近のお気に入りです。
アレンジが絶妙で、思わずフレーヴォを踊りたくなります。踊れないけど^^;;
タマンダレーはブラジル北東部のペルナンブーコ州にある街で、真っ白のビーチと
透明の海がある街です。いつか行ってみたいなぁ〜。

posted by よさち at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CD紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58235383
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック